最初

今ではマンションや一軒家を購入するのにローンを組むのは当たり前ですが、昔はそのような制度はありませんでした。
なんと、日本で最初に住宅ローンと言う制度を行ったのはこのブリリアを持っているkァイ者、東京建物株式会社なのです。
1896年にローン制度を始め、返済期間は5年~15年までと決定されていました。
この様なシステムが今の住宅ローンと言う制度の基板となっているのです。

今の住宅事情が完成されているのはこのブリリアがあったから、東京建物株式会社が存在したから完成した物と言えます。
今では単純に建物の質だけでなく、本当に中古とは思えない程にスタイリッシュでおしゃれな家を購入出来るようにする事も意識されています。
一生済む家ですから、一般的な家では面白くない。
そのような購入者の希望にも答えられる中古マンション事業を行っているのはこのブリリアだけと断言しても良い程の状態です。
相談する事によって求めている条件に合ったマンションを探してくれる上に、余計な手間はかかりません。
しっかりとした経験によって業務を対処してくれますから、安心して担当の人に任せて置けます。
お客側に変な負担をかけないようにする事と、不安を感じているであろう部分を早急にフォローし状態を改善する事が出来るのはこのブリリアです。

矢印